視聴方法

『仮面ライダー響鬼』のフル動画を無料視聴する方法!あらすじや詳細!

こんにちは、らいだろうデス。

平成仮面ライダーシリーズの
記念すべき第6作
『仮仮面ライダー響鬼』ですが、
以前ご覧になられた方も、
また当時はご覧になっていない方も、

『仮面ライダー響鬼』を無料で見たいな!
と考えていらっしゃると思います。

今回はそんな『仮面ライダー響鬼』を
無料視聴できる方法について紹介したいと思います。

『仮面ライダー響鬼』を無料フル動画で視聴する方法

違法アップロード動画の視聴方法【非推奨】

無料で『仮面ライダー響鬼』の動画を
検索すると、

  • You Tube
  • Pandora
  • Dailymotion・・・

他にも動画サイトは多数ありますが、
これらのサイトは全て
違法アップロード動画です。

これらの動画は、
アップするだけでなく
ダウンロードして逮捕された事件があります。

現時点では、動画の視聴では
逮捕ということは無い様ですが・・・

触らぬ神に祟りなし!
この様な違法動画には手を出さないことを
オススメします。

どうしてもこれらの動画を見る場合は、
リスクがあることを自覚して
自己責任でご覧ください。

安全に、無料で動画を見たい!
という方には・・・

安全に『仮面ライダー響鬼』をみれる方法

それは、
動画サービスに加入して
無料お試し期間で動画を見ることです。

Huluですと、
2週間の無料トライアルが
体験できます。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

2週間お試しはコチラ

ただし、期間を過ぎると課金されるので
注意が必要です。

もちろん、そのままサービスが気に入れば そのまま加入していただいて、 気に入らなければ、退会していただければ 大丈夫です。

紹介している作品は、2018年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

スポンサードリンク

『仮面ライダー響鬼』のあらすじ(*ネタバレ注意)

出典:http://cosmic.hatenadiary.jp/entry/2018/06/11/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E9%9F%BF%E9%AC%BC_%E7%B7%8F%E6%8B%AC

日本には、
古来 “鬼” と呼ばれる者たちがいた。

人間でありながら超人的な能力を持つ
彼らは、魔化魍(まかもう)と
呼ばれる妖怪の類から
人々を守っていた。

そして鬼をサポートする人々の体系は
組織へ発展し、猛士(たけし)と
呼ばれるようになった。

西暦2005年。
高校受験を目前に控えた
安達明日夢(あだち あすむ)は、
母の実家の法事で屋久島に向かう
船上で、船から転落した男児を助ける
男を見た。

それを見て驚く明日夢に
男は「鍛えてますから」
とだけ言い残して立ち去った。

島を散策しに出た明日夢は、
原生林の中で怪物に襲われる。

窮地の明日夢の前に
再び船上の男・ヒビキが現れる。

ヒビキは音叉を顔の前にかざすと、
全身が炎につつまれ鬼の姿に変身、
怪物に立ち向かっていった。

出典:wikipedia

『仮面ライダー響鬼』のキャスト・スタッフ

『仮面ライダー響鬼』のキャスト

  • 細川茂樹:ヒビキ(日高仁志)/ 仮面ライダー響鬼
  • 栩原楽人:安達明日夢
  • 蒲生麻由:立花香須実
  • 神戸みゆき:立花日菜佳
  • 森絵梨佳:持田ひとみ
  • 秋山奈々:天美あきら
  • 渋江譲二:イブキ(和泉伊織) / 仮面ライダー威吹鬼
  • 川口真五:トドロキ(戸田山登巳蔵) / 仮面ライダー轟鬼
  • 松田賢二:ザンキ(財津原蔵王丸) / 仮面ライダー斬鬼
  • 梅宮万紗子:滝澤みどり
  • 中村優一:桐矢京介 / 京介変身体
  • 水木薫:安達郁子
  • 下條アトム:立花勢地郎
  • 村田充:童子、クグツ(黒・白)、洋館の男、謎の男、姫(声)
  • 芦名星:姫、女のクグツ、洋館の女、謎の女、童子

映画『仮面ライダー響鬼』のスタッフ

  • 原作 – 石ノ森章太郎
  • スーパーバイザー – 小野寺章
  • プロデューサー – 梶淳、髙寺成紀・白倉伸一郎・土田真通
  • プロデューサー補 – 大森敬仁
  • 脚本 – きだつよし、大石真司、井上敏樹、米村正二
  • 文芸 – 大石真司
  • 監督 – 石田秀範、諸田敏、坂本太郎、金田治、高丸雅隆、田村直己、鈴村展弘
  • 撮影 – いのくままさお、倉田幸治
  • 助監督 – 柴﨑貴行、山本滋春、山口恭平、杉原輝昭、坂井裕幸、狩山俊輔、菱沼康介、古家友佳、道木広志、宮坂清彦、大峯靖弘
  • 文芸協力 – 片岡力、菅誠司、阿部卓也
  • VFXスーパーバイザー – 沖満
  • アクション監督 – 宮崎剛
  • 操演 – 高木友善
  • 音楽ディレクター – 本地大輔、大泉浩之、長澤隆之
  • 音楽 – 佐橋俊彦
  • 鬼デザイン – 早瀬マサト、野中剛、菊池和浩、小林大祐、下田竜彦
  • 魔化魍デザイン – 青木哲也、藤沢チヒロ、飯田浩司、竹田団吾
  • 資料担当 – 飯田浩司
  • OP・ED演出 – 小藤浩一 、鈴村展弘
  • 題字 – 康唯子

スポンサードリンク

映画『仮面ライダー響鬼』の詳細情報

ぼくたちには、ヒーローがいる

本作品のライダーは、
修行によって自らの肉体を変容させ、
鬼となる能力を得た者たちである。

「変身音叉」と呼ばれる
変身のきっかけとなるアイテムは存在するが、
能力を持たない者がそのアイテムを使っても
鬼にはなれないため、
平成仮面ライダーシリーズの多くで
採用されてきた、変身ベルトなどの
「仮面ライダーになれるアイテム」
とは異なる。

また、キックは必殺技ではなく、
顔面に複眼がないなど、
従来の仮面ライダー的な特徴を廃した。

変身の際には着用していた服が破壊され
変身解除すると全裸になるため
代えの服を常に用意していたり、
顔のみを変身解除する演出も行われている。

主役は「ライダー」でありながら
当初バイクを所有せず、
サポートメンバーが運転する
乗用車で移動する。

これは「音で戦うヒーロー」と
騒音を生むバイクとの相性の悪さに
ついて企画中に検討されたことの名残である

バイクの代わりに巨大な動物型メカ
「ディスクアニマル」に
騎乗する案もあったが、
手のひらに載る通常のディスクアニマルとの
サイズ差は映像で見る分には面白くても
玩具では再現しきれないことと、
現実離れの度が過ぎるため没となった

物語面では、鬼に出会った少年・明日夢の
成長譚が大きな柱となっている。

平成仮面ライダーシリーズでは
幼年層を意識しながらも重くシリアスな
物語を強調した作品が続いていたが、
本作品の作風はこれらの部分を極力抑えた
明るい雰囲気となった。

おおむねライダー(鬼)たちは温厚で
正義感の強い者たちであり、
従来のように戦いに対する葛藤や心の闇は
描かれていない。

また、
ライダー同士の衝突はほとんど見られない。

そのためゲーム版で
ライダー同士が戦うことは
「手合わせ」という形となっている。

ほかにも、
平成仮面ライダーシリーズでは初となる
縦書きのタイトルロゴやスタッフクレジット、
筆文字のカット挿入、
ミュージカル的な演出など、
前作までのシリーズとは違う試みが
なされている。

しかしこれらは話数が進むにつれて
徐々に見られなくなっていった。

『仮面ライダー響鬼』の放送期間

2005年(平成17年)1月30日から
2006年(平成18年)1月22日まで、
テレビ朝日系列で毎週日曜8:00 – 8:30
に全48話が放映された

最後に

いかがだったでしょうか

『仮面ライダー響鬼』
を無料フル動画で視聴する方法やあらすじ
キャスト、スタッフその他詳細情報について
まとめてみました。

今までご覧でない方は是非一度
ご覧になっていただければと思います。

それでは最後までご覧いただき
ありがとうございました。

関連記事は下にスクロール